任意整理のエストリーガルオフィス
債務整理ガイド

借り入れ先、金額の確認

借金が増えていくと陥りやすいのが、「どこでどれだけ借りて、現在どれだけの借金があるのか」が把握できなくなってくるということです。
でも、これは自己破産などの法的手段を考えているのであれば、最もよくないことになります。
自己破産は最終的な手段にとっておき、できるだけ借金を返していこうと思うのであれば、まず、借金の残高などを把握しておく必要があります。
「現状把握」というのは自己破産でもそうですが、特定調停や任意整理などの法的手段を利用するときにも必要になってくるものなので、とても大切なことになります。
また、現在の借金金額を確認するだけではなく、「過去に支払った利息を含む返済金が過払いになっていないか」「過払い金があった場合、元金充当額はどのくらい見込めるか」など、過去の支払い状況も重要なので、確認しておきましょう。
必要なのは、「どの会社からいくら借りていて、毎月どれだけの借金を返している」かということの確認です。
また、どうして借金が増えていってしまったのかを考えることも大切です。
借金が増えていく理由のひとつに、「収支より支出が多い状態でいる」というのが挙げられます。
自分が稼いでいるお金より、使って出ていくお金が多いということは、もちろんさまざまな理由があるのでしょうが、その理由に甘えて対策を練ろうとしなかった場合、借金は減ることはありません。
必要なことは、「普段から意識してお金を使わないように生活すること」です。
自己破産は借金を免除してくれるものですが、自己破産に甘えて、自己破産後も今までと同じような生活を送っていては、堂々巡りになってしまいます。
借金をする理由の第一位は「生活のため」です。
自分の収入に見合った生活をするのが第一でしょう。
家計簿をつけたりして、自分が一体何にお金を使ったのかを見直してみることが、今後の人生設計には必要だと言えるでしょう。

アヴァンス 債務整理 債務整理のことならジャパンネット法務事務所
おすすめサイト
リンクコンシェルジュ
ブラックリストにのっているか確認する方法
クレジットカードの審査落ちの理由はコレだった!
▲TOP